スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと読みたいと思ってくれた方はこちらもポチッとヨロシクね

合コンでやたらに詳しい男

どの業界にも業界用語というものがあると思いますが、
当然航空業界にも業界用語が存在します。

僕自身はそこまで詳しいわけではないのですが、客室乗務員同士や仲間内では、普通の会話の中でも業界用語を使うことが多いです。
例えば、航空会社や空港名を表現するとき、
アルファベット2文字や3文字で言う2レターや3レターという言い方をしたり。

当然僕の様な業界外の人間にとっては最初はわけがわからない言葉も、
ある程度CAとの付き合いがあると、嫌でも言葉を覚えてしまいます。


ただそういった専門用語というのは、仲間内だからこそ許容されるわけであって、
親しくない相手や業界外の人が知ったように使うと結構引かれる時があります。

それが顕著に表れるのが合コンの席のようです。

CA達から聞くと、航空業界以外の男性との合コン(航空業界同士の合コンはほとんどないそうですが)をすると、時々やたらに専門用語や航空業界について詳しい人に出くわすようです。

男性からすれば少しでも親近感を持って貰い、CAの仕事を理解しているところをアピールする狙いがあるのだと思います。

ただそれもCAから言わせると
「キモイだけ」
のようです。

やっぱり変に業界に詳しいと航空マニアか、ただのCA好きか、業界の関係者だと思うようで、
どうしてもそういう相手は敬遠しがちになるそうです。

空港でカメラを抱えているような航空機好きやマニアは結構多いですが、
どうしてもそういう人はオタクのような印象があり、
女性からするとご遠慮という感じになってしまうんですよね。

それからCA好き。
これは問題外ですね。
よくCAとやたら合コンをしたりしている、とにかくCAが好きという人がいます。
そういう人は悪印象でしかないですね。
女性からすればCAなら誰でもいいのかという気になりますし、単にCAというブランドが好きなだけにしか見えません。
それにそういう男性は他のCAや航空業界の人と繋がっている可能性もありますし、
どこで自分の知り合いと繋がっているかわかりません。
何かあったときのことを考えると、警戒してしまうものです。

そして航空業界に親族や知り合い、友達がいる場合もやっぱり警戒してしまいます。
意外と狭い世界ですからね。

元々航空業界に詳しい、例えばパイロットを目指していたり、既にCAの友達がいたりって人も当然いると思いますが、そのような場合でもあまり航空業界に詳しいという一面はあからさまに出さない方がいいでしょう。

もちろんそういう航空業界に詳しい人は完全にNGというわけではないでしょう。
でも知り合う入り口からいきなりそういう面を見せつけるのは避けた方がいいですね。

それに普通に考えても、初めてあった人がいきなり専門用語や業界内の話をこれ見よがしにしていたら、
誰だって「えっ?」と思って警戒しますし、一歩身を引いてしまうと思います。

そういう知識は、上手く小出しにしていった方がいいかもしれませんね。

オススメのモテる方法
もっと読みたいと思ってくれた方はこちらもポチッとヨロシクね

スポンサーサイト

航空機の見える公園

よく客室乗務員の友達を、仕事が上手くいかなかったり、嫌なことがあったりしたときに連れて行ってあげるところがあります。

それは航空機の離着陸を間近に見られる空港近くの公園です。
デートスポットとしても有名ですので、行ったことある人も多いと思います。

当たり前ですが客室乗務員はみんな客室乗務員の仕事に就く前は、客室乗務員という存在に大きな夢と憧れを抱いていました。
その象徴となる存在が、空港であり航空機なんですね。

でも当然CAの職に就き仕事をするようになると、次第に憧れ、夢見ていた頃の気持ちなんかは忘れてしまうものなんですよね。
憧れだけでは仕事はできないし、当然嫌なことも沢山ありますから。

だからこそ仕事で嫌なことがあったり落ち込むことがあったときは、初心を思い出せる場所に行くとその頃の気持ちを思い出し、気力を取り戻せるのかもしれません。

実際、辞めるとまで言っていた子がいたのですが、その子もその公園へ連れて行ったら、しばらく空を飛び交う航空機を見ていて、その後もう少し続けてみようかなという気になれたそうです。

周りを見ていると、入社後しばらくするとほとんどの子が一度は辞職を考えるように思えます。
様々なストレスの溜まる仕事ですし、憧れとのギャップが大きいせいかもしれません。

そういう時って、どんなに夜景の綺麗な場所や高級なレストランに行ってもダメなんですよね。

そういう時は一度初心に戻って、気持ちをリセットすることが大事なのかもしれません。
航空機が間近に飛び交う公園は、そのために最適な場所なのだと思います。
いつも当たり前に接しているものを客観的に見ることができますからね。

でも高価な場所やオシャレなお店に連れて行ってくれる男性はいても、その様な場所に連れて行ってくれる男性は意外と少ないみたいです。

落ち込んでいる人の気持ちをリフレッシュさせようとすると、たいていが全く関係のない場所に連れて行こうと考えますし、CAを休みの日まで航空機を見に連れて行こうとは思わないですから仕方ないのかもしれませんが。

それにCA自身も行ったことなかったり、知らなかったりって子も結構いますね。
特に地方の出身者のCAなんかはそうですね。


羽田の近くなら、城南島海浜公園
成田の近くなら、さくらの山公園

がお勧めですね!

行かれたことのある方はわかると思いますが、
目の前を巨大な航空機が飛び交う姿は圧巻です!
迫力がありますし、小さな悩みなどどうでもよくなり元気が出てくる気持ちもわかります。
ぼーっと眺めているだけでも楽しいですし、特に航空機が好きというわけではない人でも楽しめると思います。

CAだけでなく、CAを目指している子を連れて行ってあげても喜ばれると思います。

もし周りにCAやCAを目指している子がいるのなら、一度連れて行ってあげてはいかがでしょうか?

ちなみに車がないと厳しいかもしれません。

もっと読みたいと思ってくれた方はこちらもポチッとヨロシクね

類は友を呼ぶから類を掴め

類は友を呼ぶ
ってよく言いますよね?
それって結構当たってますよね。
やっぱり立場に相応の交友関係を持っていたりするもんです。

客室乗務員は日本では比較的ステータスの高い職業だと思います。
事実僕個人から見ても、やっぱり客室乗務員になる人っていうのは、努力家だったり上昇志向が強かったり、頭が良かったり、何かしら秀でたものを持っています。

だからCAの友達っていうのも、やっぱり相応の友達が多いですね。
女性でもキャリアで頑張っていたり、一流企業で働いていたり、モデルをやっていたり、医者や弁護士になっていたり。
CAの友達って、それなりに凄いと思う人が多いんです。
もちろんCAになる以前の、学生時代などの友達も含めてです。

類は友を呼ぶじゃないですけど、
やっぱりキャリアを積む人の周りにはそれなりの人が集まってるんでしょうかね。


そして意外とそういう女友達の繋がりからCAを紹介してもらい、おつきあいを始めるってケースも結構多いんです。

CAに知り合いなんかいないよ、って男性でもそういう繋がりからCAにたどり着くことができるんですね。

男性の悪い点で、合コンとかをしても可愛い子でないと関係を絶ってしまうことがあります。
でも可愛いかどうかとCAに知り合いがいるかどうかは全く関係ありません。
逆にその人の職業やキャリアが重要ですね。
もしそれなりの企業に勤めてる女性なら、CAを紹介してもらえるチャンスはあります。

そしてCAって合コンに来やすいし、紹介する側も鼻高々で紹介してくれる場合が多いんですよ。
だからもしCAの友達と知り合いになれば、いつかは紹介してもらえる可能性は高いです。

CAの周りはキャリア志向が多い。
だからキャリア志向の強い女性を見つけたら、その友達にはCAがいると思え!です。
かなり強引にまとめてみました。


あとはCAは女子大出身者が多いので、
女子大出身者も要チェックですね。

ちなみに僕がCAと友達なのはたまたまです。
全然“類”ではありません。。。

今回は強引な結論でお送りしました!
もっと読みたいと思ってくれた方はこちらもポチッとヨロシクね

気が利く男性

本当かどうかはわからないけど、ホストクラブにはまる人は水商売や風俗関係で働く女性が多いという話をよく聞く。
普段男性にサービスしているからこそ、時には自分もサービスされる側になりたくなるとか。

ま、これは客室乗務員とはなんの関係もないんですけど・・・
サービスといえば客室乗務員もサービスを仕事にしてるわけであります。
CAから「たまにはサービスされたいな」という言葉は聞いたことありませんが。

彼女達はサービスを仕事にしてるだけあって、やっぱり気が利くなーと感じることが多いです。
仕事ではかなりマナーやサービスについてたたき込まれますし、ファーストクラスなどでは相当な立場の人を相手にするわけです。
当然気が利くようになりますし、目も行き届くようになります。

食事に行けば取り分けてくれたり、飲み物がなくなりそうになると声をかけてくれたり、タバコを吸う人の近くに自然と灰皿を置いてくれたり。
一緒にいる側としては、それは気持ちのいいものです。


でも、そんな彼女たちだからこそ、
サービスされることには意外と弱いそうです。

弱いというか正確に言うと、
男性に気の利いたことをされると「おっ」と思ってしまうそうです。

日本人の男性は女性をエスコートするのには慣れていません。
当然気を利かせ、身のまわりの世話をするのは女性の役回りになることが多いです。
だからこそ逆に男性が気の利いたことをすると好印象を持ってしまうそうなのです。

欧米の男性なんかはその辺は上手いですからね。
だから欧米人の男性に惹かれてしまうのかもしれません。

欧米人ほどのエスコートまでいかないとしても、
例えば食事の際に、
女性が届かないところにある料理を取り分けてあげるとか、
メニューを先に見せてあげるとか、
女性が注文する時には自分から店員を呼んであげるとか。

ほんとにちょっとしたこと、当たり前のことかもしれませんが、
それだけでも女性に与える印象は全然違うそうです。
特にCA達はその辺に敏感ですね。

もしCAと出かける機会があったら、
いつもよりちょっとだけでもエスコートする気持ちを持って接してみたら、良い印象をもってくれるかもしれませんよ?

ちなみにこういうことって、当たり前のように感じるかもしれませんが、
CAに聞くと意外なほどに気が利く男性は少ないようです。

友達の作り方はこちら

もっと読みたいと思ってくれた方はこちらもポチッとヨロシクね

芸能人との関係

客室乗務員というのは公私ともに立場上、
様々な人と交流を持つことが多い。

スポーツ選手やモデル、起業家、政治家、財界人、弁護士などなど

そしてもちろんTVでもおなじみ芸能人との交流を持つCAも少なくない。


よく芸能人が女性週刊誌に女性関係のスクープをされることがありますよね?
そしてスクープがきっかけで結婚に至ることも。
そういう時、面白い、というか、あらら・・・と思うことがある。

客室乗務員の中には芸能人と親密な関係にある人もいます。
でもTVでスクープなどを見ると、お相手の女性が別の人であったりすることが多々あるのです。

「あれ?XXちゃんって、あの芸能人と付き合ってなかったっけ?」
「あー、あの芸能人、本命は別にちゃんといたんだね」

本人が報道を見たときにどう思うかはわかりませんが、
そんなことがときたまあるのです。

芸能人にとってはそのCAは、二股の相手、ただの遊び相手、
ぶっちゃけセフレ?でしかなかったんでしょうね。
CAにとっては本気の相手だったのかも知れないし、
もしかしたら了承済みだったのかもしれないですけど。
まぁ芸能人は遊ぶものだとCAも思ってるので、
割り切っている人も結構多いです。

事情を知ってるこちらとしては、
TVで芸能人がさもお相手の女性を大切にしてるかのようにインタビューに答えているのを見ると、
かなり笑えます。
というか呆れます・・・
嘘をつくなと!


で、その報道が出た後、
CAの方から別れ、もしくは関係の終了を切り出すと、
渋る芸能人もいるみたいです。
スクープまでされながらも、まだ関係は続けたいんでしょうねえ。

逆にCAの方から何も言わないと、
何もなかったかのように関係を続けようとする芸能人も多いみたいです。
堂々としたものです。

そんな感じで芸能人とセフレ関係を結んじゃってるCAも中にはいるんです。

もちろん真面目なCAもたくさんいますので、誤解なく。

もっと読みたいと思ってくれた方はこちらもポチッとヨロシクね

FC2Ad

相続 会社設立女友達をセフレにする方法スチュワーデスとエッチな話セフレの作り方モテる方法出会い系サイトでセフレ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。